大阪の守口市・寝屋川市で整形外科、整骨院、マッサージ、はりきゅうなど、どこに行っても改善されなかったとしたら、金田一治療院はあなたの探し求めていた場所です!

院長ブログ

  • HOME »
  • 院長ブログ

「超効くストレッチ法」

守口市唯一の慢性の痛み・しびれ専門 『金田一治療院』
院長の渡辺です。

皆さんご存じのとおり、私はお酒が大好きですので、
若い頃は「ビールが自分のガソリン」と思っていました。

 

でも今は違います。

 

「患者様の笑顔がガソリン」となっています。

綺麗ごとではなく本気でそう感じています(*^▽^*)

皆さまがイキイキと元気になっていただけることが、

自分の原動力となり毎日がんばれます!

 

今週もたくさんの患者様の治療をさせていただきましたが、
「ココに来ると痛みがなくなるし元気がもらえるわー」、
「治療してもらえると明日からまた頑張れるよ!」と、

生の笑顔と喜びの声をいただき
ガソリン満タンになりました!

これからもずーっと皆さまの元気な笑顔を見ていきたいので、
私も知識や治療技術を磨き続けて、
がんばっていきます!

そんな気持ちを込めて
皆さまの健康のお役に立てるようなブログ動画をお届けいたします。

本日は、
「超効くストレッチ法」

ではご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓

膝痛は年齢のせいではありませんでした。

 

守口市唯一の慢性の痛み・しびれ専門 『金田一治療院』
院長の渡辺です。

本日のブログでは

膝痛のことで誰もが思い込んでいる大きな間違い??

についてお話したいと思います。

↓↓↓↓↓↓↓

 

 

それがダメだよ。腰痛編

おはようございます。守口市唯一の慢性の痛み・しびれ専門 『金田一治療院』
院長の渡辺です。

本日のブログでは

腰痛の時に絶対にやってはいけない3つのことをお伝えします。

ほとんどの皆さんが体験されていることですよ!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

牽引の効果はあるのか?

おはようございます!
守口市唯一の慢性の痛み・しびれ専門
『金田一治療院』院長の渡辺です。

肩こり患者さんで牽引をされている方多いですよね。

「首を牽引で引っぱるのは肩こりに効くのか?」

について伝えします。

グルコサミンで軟骨は増えるのか?

おはようございます。院長の渡辺です。

僕には今年5歳になる息子がいるんですけど

毎朝、近所の保育園まで一緒に手をつないで送ってまして

その時にお歌を歌うのに息子はハマっています。

今朝もなぜだかわかりませんが

「だるまさんがころんだ♪」を一緒に歌いながら保育園まで行ってきました。

毎朝、息子に癒されているという話ですが、

あなたは癒しの時間ございますか?

では、本日のテーマ『ひざ痛』のお話をさせていただきます。

今日来られた患者様の事ですが、

膝の痛みで病院へ行き

レントゲン検査をして半月板が炎症を起こしているのと

軟骨が擦り減っているので

あなたの膝には痛みが出ているとお医者さんから診断を受けて

痛み止めの注射とシップを飲み薬を処方されたみたいです。

その後は、

通院できる範囲でその痛みの出ている膝を治すため

通い続けてもう3ヶ月...

一向に治る気配が感じられないので、

【膝を診てください】
ということで来院されました。

この患者様に限らず膝の軟骨が擦り減っているから痛みが出ていると思っている方は本当に多いと感じます。

『  年をとると膝の軟骨がすり減ってしまうよ~
膝の軟骨がすり減ると、骨があたって痛くなるよ~
グルコサミン酸を飲むと軟骨が増えて痛みがなくなるよ~ 』

という言葉、よく聞きますよね?

でも実際のところどうなんでしょうか?

そもそも軟骨には痛覚という
痛みを感じる神経はないので

膝痛と軟骨は関係ないということは
最近の医療文献においても数々の論文で結論づけられている話なんです。

では、痛みの原因はどこから来ているのか?

膝の関節は筋肉でつながっていて

この筋肉が伸び縮みすることよって膝が動かされるわけですが、

使い過ぎでこの周辺の筋肉が疲れて硬くなると
その動きが悪くなります。

動きが悪くなるせいで痛みが出ているのです。

ですので、
硬くなった筋肉を柔軟に戻してあげると
また動きが良くなるので痛みも感じなくなるのです。

昨日の患者様も
疲れてカチカチになっている筋肉を緩めてあげると

なかなか治らなかった膝の痛みがなくなりました。

という症例結果もあるということです。

何を言いたいのかと言いますと

膝の痛みが軟骨が擦り減っているせいだとか、年のせいで骨が悪いんだとか、

いうことであきらめないでください。

痛みの本当の原因が筋肉の硬さのせいでしたら、まだまだ良くなる可能性は十分考えられますよ。

といことをお伝えしたかったのです。

 

 

腰の手術を終えて無事退院されました。

こんにちは。
金田一治療院 院長渡辺です!

昨日、
腰の手術を終え無事に退院された
漫才師の宮川大助さん、
本当に良かったですね。

『身体の要(かなめ)』と書いて『腰』と呼びます。

それだけ、人間の身体にとって大切な腰を痛めてしまうと、日常生活いろんな場面に支障をきたしてしまいます。
本当に辛いですよね。

そこで、本日は
自宅ですぐにできる
『腰痛撃退』セルフケアーを
お伝えします。

続きは動画で(^。^)

痛みがそれほど強く出ていないけど予防のためコルセットを装着している方へ

 

 

おはようございます。

大阪府守口市唯一の深層筋治療院 院長の渡辺です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

自分の腰痛が気になるあなたのために
深層筋治療家の私が本当に正しい腰痛知識をお伝えしていこうと思います。

今日来られた患者様は
10年以上前にぎっくり腰を経験してから

もうあの激痛は起こしたくないので、、、

と肌身離さず毎日コルセットを腰に装着しているとおっしゃってました。

確かにぎっくり腰などで痛めてしまった腰部にコルセットをまくと痛みは一時的に軽減するかもしれません。

しかし、
コルセットを長期間つけることにより
他の部位に痛みが出てしまう危険性も考えられます。

この方の場合は「コルセット歴10年以上」。。。

もはや腰だけではなく股関節から足先までガチガチに硬直してました。

なぜなら
腰の動きを制限するせいで、
他の場所【背中、股関節、肩甲骨や首周辺】
の筋肉ががんばって動くようになります。

その結果股関節が硬くなり歩行に支障がでたり、
肩甲骨周りが硬くなり猫背になったりと
猫背のせいで背中の自律神経も障害をおこしたりと、
全身にあらゆる悪循環を来たしてしまいます。

日常のちょっとした動きでも、
身体というものは、
全身の筋肉や関節がバランス良く機能することにより

正常に問題なく動かせるのであって

身体の一部分を固定して動く範囲を狭くしてしまうのは
バランスも悪くぎこちない動きになってしまい
その不安定な動きの積み重ねが
あなたの今抱えている痛みの根本原因なのではないのでしょうか。

話しをまとめますと、

慢性腰痛の方で痛みがそれほど強く出ていないけど予防のためコルセットを装着している方は
今すぐ外して
腰部を圧迫固定から解放してあげてください。

思っているより腰の具合は全然楽だと思いますよ。

手術はチョット待ってください。

おはようございます。

大阪府守口市唯一の深層筋治療院 院長の渡辺です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

最近来られた患者様でこのような方がいらっしゃいましたが、

あなたはどう思いますか?

「病院でMRIをとってもらい椎間板ヘルニアの診断を受けたので、もう手術するしかないですか?」

ヘルニアときくと、腰椎椎間板ヘルニアをイメージする人が多いと思いますが、

実際に「ヘルニア」は背骨以外でも身体のいたる場所で起こっています。

“ 体内の臓器が、本来あるべき部位から「脱出・突出」した状態を指す。
一般的に多いヘルニアは、
鼠径ヘルニア・臍ヘルニア(出べそ)・椎間板ヘルニア
引用:Wikipedia                         “

椎間板ヘルニアの診断にはMRI画像が用いられるのが一般的ですよね。

そしてこの「脱出・突出」の状態を確認する。

それだけに過ぎません。

つまり、
実際にヘルニアがあるのか、ないのかという構造的画像評価は診断上必要ですが、
それと今感じている痛みやシビレとは関係ないとしたらどうでしょうか?

 

MRI画像上では明らかなヘルニアがあるにも関わらず、
ほとんど痛みが出現しないケースがほとんどです。

これが「ヘルニアは手術しなくても治る病態である」と言われている理由です。

 

痛みを感じている原因がヘルニアでないのであれば、

その後の治療方針も変わってきます。

 

 

ヘルニアが出ているか腰椎にばかりフオーカスし過ぎて
何度もMRIを撮影しても結局意味がなくて

 

 

それよりも本当に悪くなっている違う部位を

見逃している場合が多いと感じます。

 

 

最後にまとめますと、

画像検査でヘルニアと診断された、

 

もしくはヘルニアではなかった、

 

どちらの場合でも、

身体全身のどこかの部位に痛みの本当の原因が
ありますので、

 

そこを早期に特定し治療をしていくと

痛みは軽減し症状にも良い変化を与えることができますので、

病院の診断だけで諦めるのは早いですよ。

ということをぜひ知っておいてください。

今されている治療・対処法は本当に自分に必要なものなのか?

自己判断に任せずに一緒に解決していきましょう。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ではまた!
***************************************************

金田一治療院
マイオセラピーセンター守口

院長 渡辺洋亮

寝返りのたびに腰が痛くてお困りでしたらコレをしてみましょうか!

 

おはようございます。

大阪府守口市唯一の深層筋治療院 院長の渡辺です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

ご自分の腰痛が気になるあなたのために
深層筋治療家の私が腰痛撃退の知識をお伝えしていこうと思います。

10年以上腰痛でお困りのあなたは
寝返りをすると
腰が痛い時ありますよね?

慢性腰痛症の方の最も多い症状ですが、

このような場合、
どこに原因があるのかご存知でしたか?

寝返りをするということは
カラダを逆方向にひねる動作ですよね。

このカラダをひねった時に動く部分に問題があります。

ちょっといつもみたいに寝返りをしてみましょうか。

上半身(肩~腕)や背中もひねりますが

実は

私が最初に問題があるんじゃないかなーと
気になる場所は

股関節です。

寝返り動作の時に必ず股関節は動かしますよね。

この時に股関節の可動域が悪いと腰に痛みが走ってしまうケースが本当に多いんです。

股関節の動きが硬いということは

お尻(臀部)の筋肉がコリコリに硬直している場合がほとんどです。

その場合の対処法はとっても簡単です。

まず

股関節が外に開くとき、内にしめる時のどちらで痛みが出るのか確認してください。

痛みの出る方に無理のない範囲でジワーっと股関節を伸ばしストレッチして柔軟にしていきましょう。

ちなみに、
座っているときに股が開いている人は内転時に、
座っているときに足を組んでいる人は外転時に
痛みが出る傾向が考えられますので、

自分が普段どのような姿勢が多いのか把握して

それに伴ったストレッチを行っていくと
より股関節が柔軟になり
寝返り時の腰痛も改善できますので、
ぜひ実践してみてください。

今されている治療や対処法が本当に自分に必要なものなのか?

色々やってみたけど改善に至らずにお悩みでしたら、

自己判断に任せずに一緒に解決していきましょう。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ではまた!
***************************************************

金田一治療院
マイオセラピーセンター守口

院長 渡辺洋亮

570-0011 大阪府守口市金田町一丁目62-11

TEL&FAX:06-6780-3511

 

 

坐骨神経痛にシップが効かなくてお悩みのあなたへ

おはようございます。

大阪府守口市唯一の深層筋治療院 院長の渡辺です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

自分の身体の健康が気になるあなたのために
深層筋治療家の私が正しい健康知識をお伝えしていこうと思います。

湿布って効果ありますか?

よくある質問ですが、

湿布の効果についてお話したいと思います。

なぜならば効果も分からず身体中にシップ貼りまくりの方が多いからです。

皆さん痛みの感じている部位にシップを貼り
鎮痛作用や炎症を冷やしていると思っている人が多いのですが、

炎症を冷やすというより
冷たい感覚がするだけで、
実際は一時的に痛みを和らげる効果はあるかもしれませんが、
そのものが症状の治癒に役立つわけではありません。

貼る時にヒンヤリとして、
剝がす時は熱っぽい感じがしませんか?

それは
むしろ患部の熱をこもらせて良くない反応ですよ。

さらに言えば
皮膚表面の温度は低下するが
障害を起している筋肉に対しては
全く温度変化を来たさないと
ハッキリ試験結果を出しています。

つまりどういうことなのかと言いますと

膝や腰が痛くて関節が炎症を起こしている。

そこで患部の熱を取りたいというときに
湿布では皮膚の温度を少し下げるぐらいの効果しかありません。

その他にも、

発熱した子供によく貼っているところを見る冷却シートも、

頭部の熱を奪ったという明確なエビデンスはありません。

高熱の時は皮膚を覆って排熱を妨げてしまう訳ですから、貼らない方が賢明です。

以上のことから、まったく意味がないとは言いませんが、

出来るだけ効果の高い治療を心がけている当院にとっては

“必要ないもの”なのでシップを使用していないのですし、

そのようにアドバイスをさせて頂いています。

シップの効能に関しては多くの方が勘違いしています。

これを機に正しい理解をしていただけると幸いです。

今されている治療・対処法は本当に自分に必要なものなのか?

自己判断に任せずに一緒に解決していきましょう。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ではまた!
***************************************************

金田一治療院
マイオセラピーセンター守口

院長 渡辺洋亮

理想的な姿勢を手に入れるための7つのポイント

おはようございます。

大阪府守口市唯一の深層筋治療院 院長の渡辺です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

自分の身体の健康が気になるあなたのために
深層筋治療家の私が正しい健康知識をお伝えしていこうと思います。

 

 

自分の姿勢って気になりますか?

 

昨日は猫背になるきっかけについてお話していきましたが、

悪い姿勢になる原因をさらに詳しくお伝えしたいと思います。

なぜならば普段何気なくしているご自分の姿勢にもっと気付いてほしいからです。

 

7つの項目に分けて考えていきましょう。

1 構造的・解剖学的な原因

これは上肢や下肢の長さが違うと立位姿勢で不均等が生じるということです。

 

2 年齢的な原因

幼児期年齢によって姿勢・体系が異なるように、大人に成長していくと著しく姿勢は変化します。

 

3 生理学・病理学的な原因

例えばお腹が大きい妊婦さんが一時的に腰痛になったり、

むち打ち症など外傷後に保護的に肩を丸めた姿勢をとるかもしれないし、

高齢者は骨粗鬆症により身長が縮む傾向があり、それは前かがみの姿勢に発展するでしょう。

 

4 職業柄の原因

肉体労働でよく動く仕事なのか

オフィスでパソコンとにらめっこのデスクワーカーなのかという違いだけでも

姿勢の評価を考慮するポイントが見えてくる。

 

5 環境の原因

季節や気温によって

寒いと感じる時と暖かいと感じる時はそれぞれ異なる姿勢になってくる。

 

6 社会的・文化的な原因

日常生活であぐらをかいたり、しゃがむ動作が多い社会か、

椅子に座る時間が多い社会とでは当然姿勢も異なってくる。

 

7 感情的な原因

通常であれば、安定した気分の時にとる姿勢はリラックスできているが、

感情が乱れて悲観している人や起こっている人の緊張状態は

筋肉を硬直させて姿勢を作っている場合も考えられますよね。

 

どうでしょうか?

自分がどのタイプなのか分類できてきますよね。

 

このように、姿勢に影響を及ぼしている原因は一つではなく、

最低この7つの情報を理解した上で、姿勢の評価を考慮する必要があります。

 

これらの情報を初診時初対面で引き出していかなければならないのですが、

痛みのため緊張や不安そうにしている患者様との信頼関係を丁寧に築きながら

より完全な評価を行うことに最も神経を注いでいます。

 

ですので、初診時は、たっぷり時間をかけてお話を聞かせて頂きたいですね。

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ではまた!

 

2017-03-04

 

 

猫型メカニズム

おはようございます。

大阪府守口市唯一の深層筋治療院 院長の渡辺です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は桃の節句。

ひな祭りの定番メニューと言えば

ちらし寿司ですよね。

盛り付け次第で、まるでケーキのように豪華になるんですね。

何だか食べるのがもったいないなあと思ってしまいます。

さて本日も、
自分の身体の健康が気になるあなたのために
深層筋治療家の私が正しい健康知識をお伝えしていこうと思います。

自分の姿勢って気になりますか?

悪い姿勢とはやはり猫背の状態をイメージしますよね。

今このブログを読んでいるその姿勢が猫背になってませんか?

しかしなぜ猫背になってしまうのでしょう?

猫背になる最大のきっかけは、

無意識のうちにしている癖と
同じ体勢で長時間過ごす。

この2つが考えられます。

猫背の場合は、とっても悪循環なメカニズムを

引き起こしてしまいます。

まず今から猫背になってみてください。

できましたか?

胸が縮み背中が伸ばされていますよね。

胸の前の筋肉が短縮し、背部(脊柱)筋が伸張し筋力低下、


胸の前の筋肉が短くなっているので、
狭い範囲でしか動かせない。
可動域制限


この状態のまま筋への過負荷と過剰疲労が続くと


アセチルコリン過剰分泌=筋肉硬直・運動神経興奮

カルシウムイオンの大量放出=持続的収縮


筋内部の血管が圧縮され


酸素分圧が低下し


筋のエネルギー供給源が欠乏
(筋が弛緩する成分ATPが低下)


その結果
筋はエネルギー危機に陥り
過敏性発痛物質が筋細胞外に放出
(疼痛出現)

ということが筋の構造メカニズムです。

分かりやすくまとめますと、

猫背が原因で痛みを引き起こすということです。

痛みを起こさないためには、

最初の猫背のきっかけを思いだしてください。

まず胸を縮めましたよね。

そうです。

この胸を縮めた体勢こそが猫背の根本原因であり
痛みの犯人だったのです。

猫背を改善するには胸を伸ばすことが大切であり、
今すぐ簡単に実践できますよね。

極端に縮んでいる部位を伸ばす
ということから意識していくと

猫背と痛みから解放されますよ。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ではまた!
***************************************************

金田一治療院
マイオセラピーセンター守口

院長 渡辺洋亮

ホームページ
http://kinda1.daa.jp/

570-0011 大阪府守口市金田町一丁目62-11

TEL&FAX:06-6780-3511

「慢性」の痛みでお悩みなら、今すぐお電話を TEL 06-6780-3511 火曜日~日曜日 8:30~19:30

PAGETOP
Copyright © 金田一治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.